睡眠不足がテストステロンに与える影響

人間の体は本来、昼間に活動して夜は眠るというリズムができあがっています。
男性ホルモンは夜遅くまで起きていると分泌量が少なくなります。
夜寝ている間にリラックスな気分となり副交感神経が優位に働きテストステロンが増加していきます。
ところが、緊張やストレスを抱えたままでは交感神経が働きテストステロンが作りだせません。
グッスリと安心して眠ることが重要になるのです。

 

ストレスがテストステロンに与える影響

人間はストレスを感じるとテストステロンの生成が鈍くなります。
テストステロンは男性では睾丸で作られ、それは脳下垂体からの刺激ホルモンのを受けてからはじまります。
ストレスを受けるとこの脳下垂体から分泌する刺激ホルモンの分泌量が少なくなり、精巣でテストステロンが生成できなくなります。

 

男性のストレスは仕事関係の出来事から受けることが大半です。
生活の糧を稼ぐためには会社で働く人がほとんどですから、上司や同僚との人間関係のもつれからくるストレスというのが特に多くなっているのです。

 

まとめ

夜遅くまで飲み歩いたり、深夜残業は慢性的な睡眠不足を招き体には悪影響を与えている。
仕事の不安を抱えたまま眠るのはストレスがかかった状態で熟睡はできていない。
よって、テストステロン値は低くサプリメントで補う必要があります。