現代の社会人は自宅に帰ってもリラックスできる環境におかれていません。
というのも夜の灯りが与えている影響も少なくありません。
日本人は家庭の中でも白色蛍光灯を使い室内が明るく保たれています。
これは自宅の中に限らず、会社や地下鉄、店舗なども明るい光に照らされ続け24時間中ずっと光にさらされているといったも過言ではありません。
さらにLEDの普及が明るさに拍車をかけています。

 

夜の明るさは交感神経を活性化させる

今の日本の夜は昔と比べて凄まじい明るさになったといえます。
この明るさは人間にとってストレスとなり交感神経が優位な状態となります。
そのままでは、睾丸を刺激するホルモンの分泌が減少し精巣でテストステロンが生成されません。
テストステロンが少なくなると勃起もしなくなるといった悪循環に陥ります。

 

灯りのレベルを落としてテストステロンを高める

まず、生活レベルで対策できることは夕食後は、白い蛍光灯やLEDを消してまぶしくない程度の灯りの下でくつろぐということです。
パソコンやスマホなどは寝る直前には使わないようにし自然な眠りに入りやすくします。
そうすれば副交感神経が活性化されて精神的にリラックスでき睾丸のテストステロンの製造が活発化します。

 

まとめ

夜に充分な睡眠をとることが男性精機能の活性化につながる。
寝る前には灯りを暗くする。

 

補助的にテストステロンサプリメントを服用すると精機能と精液の製造も活性化されます。