50代後半にもなると性欲がなくなり、勃起もしなくなるしただ枯れるのを待つだけの人生になってしまったと嘆いている方がいるかもしれませんね。
でも綺麗な女性を見ると股間からこみ上げてくるような燃えるような気持が出てきませんか?
もし若い女性を見たり、話したりしても何も感じないのであればテストステロンが少なくなっているといえます。

 

女性にも男性ホルモンがある

女性はエストロゲンという女性ホルモンが体を支配していますが、女性の体内にもテストステロンが相当な量あるのです。
だいたい50歳近くになると、女性ホルモンの量が急激に低下しさまざまな症状が更年期障害としてあらわれます。
その後は4年〜5年くらいで更年期障害も終わり、今度はテストステロンの影響で女性は活動的になるといわれています。
いろんな場所へ旅行に行ったり、時にはエッチな気分になったりして年下の男と関係を持ったりと・・・・。

 

枯れる男性の性欲の減退はどうするか?

男性の場合は、テストステロンがゆっくりと減少していき年をとるにしたがって性欲もなくなるのが普通の状態なのです。
もう一度若い時のようにギンギンに勃起したペニスで女性をアンアン言わせたい願望はあるけれど、肝心のペニス勃起しないのでは話になりませんね。
解決方法は男性ホルモンを増やして精力をつけることです。精力がつくと性欲も湧いてくるようになります。
長い目で考えて半年くらいの計画で性欲を高めるようにすればよいでしょう。